伊豆稲取漁港産の金目鯛の美味しさをあなたにご紹介します。


稲取港で水揚げ金目鯛が他の金目鯛と違い、本当に美味しい証が科学的分析で証明された。


金目鯛も産地によって美味しいさが違うといわれています。伊豆半島東海岸にある稲取港は
金目鯛の町として知られています。脂が乗っていてうまいと評判高いキンメダイです。

では、他の港のものとどのくらい違うのでしょうか。 ここからが誰もが美味しい頷
く稲取の金目鯛に関する解説です。

画像


神奈川県水産総合研究所菊地康司主任研究員は筋肉や皮に含まれる全脂肪量を
調べてみたところ、稲取沖のキンメダイは、千葉県勝浦沖や三宅島西沖の三本漁場の
ものよりも全脂肪量が高いことがわかりました。 筋肉の全脂肪量は、伊豆稲取沖で2.9%、
勝浦沖で2.5%、三本漁場で0.8%、皮の全脂肪量は、稲取沖で23.3%、勝浦沖で18.5%、
三本漁場で10.3%でしたから、稲取沖の金目鯛は脂の乗りが非常によいことがわかります。

〔秋から冬にかけて金目鯛は、さらに脂乗りが増します。〕

こで分析に用いた大きさは、稲取沖の金目鯛で726g、勝浦沖で669g、三本漁場で739g
ですから、魚の大きさにあまり違いがありません。よく大きい魚は大味がするとか脂が
乗り過ぎているとかいわれますが、この分析結果ではほぼ同じ大きさで比較しています
ので、全脂肪量の違いは漁場によってもたらされているといってもいいようです。

伊豆稲取港における水揚げの金目鯛は、矢筈出で多く が漁獲されたものです。
〔この漁場は海底の起伏が激しいので金目鯛にとっても良い餌場なのです。〕

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック