テーマ:子供

カブトムシ&クワガタ虫の樹液採集の様子です。

先日の採集のひとコマ。 稲取でも山に入るとクヌギ、コナラの林が 数多くあります。 その林を奥深く進んでいくと こんな風景に出会えます。 カブトムシはライトで照らしても大概は逃げないですが クワガタ虫はちがいます。すぐにライトの光から隠れるか その場でポロっと木の下に落ちてしまいます。 なかなか良い写真…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊豆稲取の夏は海水浴とクワガタ、カブトムシ

今年はミヤマクワガタが去年稲取周辺で たくさん捕れたた場所でも型が小さいので 新規開拓をかねて、色々な場所をリサーチ してきました。 ミヤマがなかなか採れないと知人に話してみると 俺のところはほとんどミヤマが多くてノコギリが 採れない。お互いにポイント情報を交換ということで その中で捕獲したミヤマのひとつが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊豆稲取、池尻海岸、特設プールにてお魚のつかみどり、大盛況。

夏本番にて毎日本当に暑いですね。 梅雨も明け伊豆稲取は盛夏真っ盛り。 7月31日まで池尻海岸海浜プール 付近にて魚のつかみ捕り(アジ)を 開催しています。 「魚のつかみ捕り」の後はその場でアジを塩焼きにして 食べられます。私も使役で協力していますが 子供達の歓声に包まれて、それは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雛のつるし飾り,生誕の地、伊豆稲取温泉,つるし飾りまつり開幕です。

伊豆稲取温泉に早春を告げるイベント、雛のつるし飾りが 先日より雛の館、むかい庵、文化公園、雛の館会場にて 始まりました。 江戸時代より今日まで伝承された、わが娘の幸せと健康を 一針の糸、古い端切れに想いを託し、祈りを籠めた稲取なら ではの素朴なひな祭り、 つるし飾りの風習は、親の子を思う愛が形になった庶民の ひ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊豆稲取の夏。赤いカブトムシやクワガタも沢山います。

今年も子供が大好きなカブトムシとクワガタの季節がやってきましたね。 稲取の雑木林にも沢山の昆虫類がめじろおしです。 これは先日稲取の山で採取したカブトムシです。 大きさはまあまあですが、見てくださいこの色を 赤カブトムシにふさわしい色艶でしょ。? 昼は飼育ケースも静かですが、夜に なるとブンブンと本当に賑…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

今年一番の大物です。70mmオーバーの深山クワガタ

またまた昆虫ネタで申し訳ございませんが このような立派な角を持つ深山を採取したのは 本当に久しぶりです。隣町の河津は比較的 大型の深山が多いのですが稲取では中々 このサイズの物はみかけなく子供達も大喜びです。 今現在でちょうど一ヶ月なので後生きても一月程では いなのかと思っています。子孫を残したいのですが すでに二…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

稲取のつるし雛〔約60年前〕をご紹介します。

この一見変った雛のつるし飾りの会場でも見られない、竹庇護を使わず 銅線に紅白の布を巻いたつるし雛は稲取地区の物で約60年程前の現存 する物です。この飾りには昔懐かしいその当時の飾り物がついています。 吊るし、つるし雛』雛のつるし飾りの風習は、 江戸時代後期の頃を発端に『これは稲取独自の伝統の飾りものでその起源はさだかでは …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雛のつるし飾り開幕です。

伊豆稲取地区で今日まで伝承された地域限定の伝統工芸。名称、雛のつるし飾り、 地元での通称は、吊し雛、又はつるし雛です。この珍しく暖かく懐かしい雛のつるし飾りの風習は、江戸時代後期の頃を発端に稲取地区の雛節句のお祝いの一環で、その当時は吊るし雛として近年では雛のつるし飾りとして当地に住む先人達により、稲取地区のみに手作りの愛の形として地…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

海の磯遊びとおいしいダシがでるカニ

伊豆の磯では様々な生き物が多いです。 この時期から夏の終わりまで近くの磯辺防波堤の 縁には休日になると子供達が魚のすくい網や蟹取り の道具を持って大集合。 各々に魚を採ったり〔人気の海水魚デバスズメダイ等〕や アジの幼魚、いわしの幼魚、メジナの幼魚やお味噌汁の だしに最適なカニを捕まえたりしています。夢中になって …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more