テーマ:地元の風習

伊豆稲取細野高原、三筋山の山焼き後の風景。

先週の日曜日、三筋山の山焼きが 入谷区、田町区、西町区、東町区 の合同で無事に終了しました。 この山焼きを行わないと、三筋山の 景観、細野高原の維持はできません。 勿論、春を代表する山の恵み、山菜狩りも 山焼きをする稲取の人達の努力によって 山菜が群生する環境を整えているのです。 その他、十月には防火線を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雛のつるし飾り、生誕の地、伊豆稲取。

稲取の地で多くの住民に昔より慣れ親しんだ 呼び名は、つるし、もしくは、つるし雛です。 一見、風変わりな風習は、江戸後期を発端に稲取村では、 つるし雛として当地に住む先人達により、港町である稲取 に素朴さの残るわが娘の初節句を祝う和裁として現在まで 脈々と受け継がれて来ました。 わが娘の倖せと健康を一針の糸、古い端切れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雛のつるし飾り生誕の地にて、つるし飾りまつりが始まる。伊豆稲取伝統のつるし雛

稲取温泉の早春のイベント、雛のつるし飾りまつりは発祥の地、 伊豆稲取温泉にて今日より開幕致しました。 昔よりの様々な風習や言い伝えの残る珍しい稲取独自の和裁工芸細工です。 ご覧下さい。1月19日に行われたつるし飾りプレス取材の模様をピックアップしました。 メイン会場2ヶ所、『文化公園』『むかい庵』協賛会場3ヶ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小正月の伝統行事、伊豆稲取のどんど焼き

どんど焼きの熾き火で焼いた団子を食べると一年風邪を引かないとか 、火の子や灰を身に受けると健康に暮らせるとか、書き初めを燃やして 空高く舞い上がると字が上手になるとか、どんど焼きには様々ないわれ がありますね。稲取では三色団子を焼くこともいつもながらの風習です。 門松や、納めもの、つるし雛等をどんど焼きの炎でお焚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more