テーマ:癒し

伊豆の紅葉始まる

稲取の町は、まだまだの紅葉便りですが 伊豆では紅葉がはじまりました。 特に常連の滝周辺の紅葉は鮮やかで 秋の風情を感じさせ旅情をくすぐりますね。 十一月いっぱい伊豆の紅葉は楽しめますので この機会に伊豆の紅葉を満喫して、稲取のはまべ荘にて おいしい稲取金目鯛を食べて満足するのも良いですよ。 伊豆稲取で美味しい稲取産…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅行での糖尿病の食事対応、はまべ荘にお任せ下さい。

はまべ荘では糖尿病の人の旅行にも柔軟に対応致します。 糖尿病と診断され旅行の際に摂取㌍や禁止食品に懸念し 躊躇する必要はございません。 はまべ荘に是非ご相談下さい。 小さな宿ですがお体の状態に合わせ、旅行でオーバーしがちな 摂取カロリーに考慮し血糖値の急激に上昇を招かない糖尿病 対応食と掛け流しの温泉にてお寛ぎ下さいませ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

稲取文化公園にて秋のつるし飾りの展示を行っています。

稲取温泉では只今、稲取の伝統工芸品、 秋のつるし飾りが好評開催中です。(^^)v また細野高原ではススキの大海原がご覧頂けます。 昨日も伊勢海老感謝祭をおこないましたが 今月末まで伊勢海老が破格のお値段にて楽しめる プランもはまべ荘では行っております。 是非この機会に伊豆稲取へお越しくださいませ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

すすきの大海原、稲取細野高原

細野高原は、伊豆稲取にあり、はまべ荘から 車で十五分程の所にあります。これからの季節は、 箱根仙石原に匹敵する、広大なすすきの群生が 見事なまでの秋色を奏でます。 稲取細野高原。そこには、壮大な草原と絶滅危惧種に 指定されている植物、オオタカ、クマタカをはじめとする 希少な猛禽類、四箇所の湿原が点在する見事な景観…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊豆稲取の先人達が残した雛のつるし飾りには、多くのことわざがあります。

雛のつるし飾り生誕の地、伊豆稲取、雛のつるし飾りには 子供の健やかな成長を願う親の心が形を成しています。 稲取の飾り物には、それぞれに健康に起因する意味合いがあり、 つるし飾りには親の願い事が形となって雛に籠められています。 雛のつるし飾りと稲取だけの意味合い 『吊るし、つるし雛』雛のつるし飾りの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

稲取港と今はなき通称赤灯台とごろた石

この写真をご覧下さい。稲取漁港と通称赤堤防、 〔現在は赤灯台は撤去されています。〕 ごろた石が納められています。この赤堤防を構成する コンクリートの下の部分は日本でも数少ない工法の 自然石を組み上げて作った貴重な防波堤です。 海の生態系を壊さずに(コンクリートの護岸壁は 元々そのあたりに生息していた生物の生態…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天草〔ところてん〕の天日干しの風景

稲取地区ではこの時期のおなじみの風景ですが 是非写真をご覧くださいね。6月の半ばに天草 〔ところてんの原料〕の入札が始まりますので それに向けての天日干しです。おや?と思う方が おられると思いますが、天草は本来がこの色で 天日干しによって鮮やかな黄褐色になるんです。 天日干しの前には念入りに真水で洗浄後、念入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いにしえより続く。心優しい響きの稲取弁

稲取独特の方言に少しご紹介致します。日本各地には、その地方独特の方言があります。 稲取地区の代表的な方言について簡素にまとめてみました。他にも沢山ありますが書ききれない のでこの辺でご容赦を。。。最近は稲取弁を使う方も大分減ってきてますが標準語と違って なんだか優しい響きとおもいませんか。さあ、稲取弁をぞうぞ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はまべ荘の温泉について

温泉を保有の施設において使用する温泉の分類事項としては当館は、直湯掛け流し式となります。 【掛け流し式とは浴槽内に注入した温泉水を循環(再利用)せず浴槽外へ排出する意味。】 はまべ荘のお風呂では循環式ろ過器を 未使用の為、レジオネラ菌が発生できない環境。 また塩素は一切注入していないので浴槽内及び温泉配管内結合…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

深山クワガタ

伊豆での今年の深山クワガタの発生もまずまずですね。 最初に小さな個体が出てきてその後雌が出て、最後は 大きな雄の深山クワガタが現れます。 深山クワガタは年々生息域が少なくなっていますので クワガタ採集を楽しむ方は、必要最低限の捕獲をして 頂けると伊豆の深山クワガタをこれからも採取できる 楽しみが続きますのでよろしくお願い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

清冽な天城の甘露水

連日、猛暑日が続き、日頃の体調管理に 注意が必要になってきた今日この頃です。 納涼、日本の懐かしい風景をご覧下さい。 天城の水車です。天然の甘露水が本当に美味しいです。 涼を求めてお客様がたくさんお越しでした。 この甘露水で伊豆の名産でもある山葵も育っています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はまべ荘の温泉に関する想いをご案内します。

温泉を保有の施設において使用する温泉の分類事項としては当館は、直湯掛け流し式となります。 【掛け流し式とは浴槽内に注入した温泉水を循環(再利用)せず浴槽外へ排出する意味。】 温泉水の浴槽への注入口や湯船の縁に当地区の温泉水の場合、白い結晶『岩塩状の物 『塩化カリウム』』が付着してているのが循環濾過なしの純度の高い温…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊豆稲取三筋山と細野高原。

はまべ荘より車で15分弱のところにある標高600メートル 、三筋山のふもとの細野高原です。 細野高原のまわりには、4箇所の湿原があり、柵で囲ってあります。〔湿原の中には進入禁止です。〕 ご注意:自家用車、3ナンバーの車では山菜狩り事務所までは、なんとか通行可能ですが、 [細野高原までの往路は車幅が狭く一方の車が停止しないとすれ違…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

稲取に来て普通の金目鯛を食べるか?それとも正真正銘の稲取産を食べるかは、あなた次第です。

伊豆で水揚げされる金目鯛、稲取産金目鯛の美味しさに 勝る金目鯛はありません。東京築地市場では稲取金目と 呼ばれ ,競り値も一般の金目鯛に比べて二倍ないし 三倍増しの価格にて別格扱いです。 それ程まで美味しいと全国に誉れの高い稲取漁港に 水揚げされる地金目鯛ですが伊豆地区の旅館では 稲取金目鯛を使っている施設は数少ないのが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊豆稲取、細野高原。

昨日、所用を兼ねて、細野高原三筋山に 出かけて来ました。あいにく、曇りと晴れ が同居する様な、お天気でしたが、 束の間の虹に出会えたりして、山の素晴らしい 景色を満喫致しました。 天城連山の全貌も素晴らしく、眼下には 伊豆大島、利島と雲海、大海原が遥かに 臨め、皆様にも絶対のオススメでした。 はまべ荘のHPにも細野高原の詳細を 掲載…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初夏の装いの伊豆稲取漁港

此処数日は、伊豆稲取の町も 初夏の心地よい海風が吹いて います。 港の港湾事業も完了して、舟上げ場、 道路も新設され海風が心地よい散策 が満喫出来ます。(^_^)v はまべ荘は、稲取港の目の前、 鮮魚競り場に一番近い宿です。 http://www.izu-hamabe.jp/
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

五月の風物詩、天草の天日干し。

伊豆稲取は天草〔ところてん〕の特産地として 取り扱い業者の中では比較的有名天草 〔ところてん〕の有名な産地でもあります。 天草干し場の風景をご覧下さい。 稲取の海で採れる天草は口当たりの 良さが有名でところてんの原料として 品質が最高で、加工時手間のかかる、 ろ渦も容易でトコロテンの腰にも粘りが …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

稲取高原にて

はまべ荘から車で15分位の場所に 伊豆の山々、相模灘を見渡せる 場所があります。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

稲取細野高原は秋の気配。

伊豆にも秋の季節が到来です。標高800メートルの三筋山の周辺は ススキや萩の群生が見事なまでの景色を奏でています。春は山菜狩り 夏はキャンプ。秋はススキの群生を眺めながらのウォーキング等など 稲取の見所は海辺だけではありません。伊豆の野山もまた違った趣が あり、様々な高原植物や動物(野ウサギ、野鳥、鹿、イノシシ等)また 細…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ススキや萩の群生が見事なまでの景色を奏でています。

今日より三回にわたり稲取細野高原のご案内をしたいと思います。 画像をご覧頂くとお分かりになるでしょうが天城遊歩道の小さいブルーの 円形が細野高原内の4ヵ所の湿原群です。毎年行われる山焼きによって この湿原群は維持管理が稲取の人達によって行われています。 湿原内への侵入は貴重植物等の群生のため禁止されています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明日の出漁に備え稲取港に佇む夕刻の漁船一団

この写真は夕刻の入船で静寂に満ちた稲取港の様子です。 朝からの漁師町独自の活気づいた賑わいは、そこにはなく 本当に静かで漁師町の一日の終わりを告げています。 明け方まじかには出漁する漁船で港内はにぎわいますが 出船ののちは夜明けまでの静寂が再び訪れます。 港町独特の時の流れですね。時間によって赴きが異なる …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年一番の大物です。70mmオーバーの深山クワガタ

またまた昆虫ネタで申し訳ございませんが このような立派な角を持つ深山を採取したのは 本当に久しぶりです。隣町の河津は比較的 大型の深山が多いのですが稲取では中々 このサイズの物はみかけなく子供達も大喜びです。 今現在でちょうど一ヶ月なので後生きても一月程では いなのかと思っています。子孫を残したいのですが すでに二…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年の夏は近くの山で赤カブトムシを採取しました。

今年も子供達にせがまれて8月初旬に カブトムシ採取に近くの山へ子供達 と出かけました。 今年はなぜか赤みがかったカブトムシや クワガタムシが多くなんとも不思議でした。 この写真をご覧下さい。どちらとも同じ地区で採れた カブトムシです。こんなに大きさがちがうんですね。 幼虫時の栄養状態で成虫時にこんなに大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊豆稲取の磯遊びはこんな珍魚もお目見えです。

この小魚達見てください。 稲取港の岸辺で捕まえた物なんですよ。 海草が漂う付近でタモ網をふるとこんな珍しい魚も沢山捕れます。 これは小さくても刺されるといたいので要注意です。鑑賞用には 綺麗な朱色でおすすめですが、、、 鰺の幼魚とこれはハオコゼの赤ちゃんをゲットです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊豆稲取の磯で子供と一緒に大人も楽しみましょう。

伊豆稲取の磯は様々な生き物が多いです。 この時期から夏の終わりまで近くの磯辺、池尻海岸、 稲取漁港防波堤の縁には休日になると子供達が網を もって、小魚すくいや磯蟹を取りに海辺へ集まってきます。 各々に魚を採ったり〔人気の海水魚デバスズメダイ等〕や シマアジの幼魚、いわしの幼魚、メジナの幼魚などを 捕ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

稲取の朝日は海から昇り、山に沈む。コントラストが素晴らしい。

この写真、見てください。海のなぎた穏やかな夕刻の稲取港です。 稲取には、海からの素晴らしい景色、山から港町稲取の街並みを 撮影する絶好のスポットが沢山あるんですよ。勿論港町の鄙びた 景色の中を散策して楽しむに最適な史跡や数多くの見所もあるんです。 稲取港周辺の散策に適した地元の人以外は、非日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どうぶつ奇想天外のロケのひとコマです。

六月3日放送のどうぶつ奇想天外をご覧になりましたか? 稲取細野高原が紹介されてました。お猿の太陽くん、ホントに可愛いですね。 番組でも紹介されていましたが、実は当館でもお世話をさせて頂きました。 テレビで見るより数倍も可愛かったです。家の子供達も身近に太陽くんを見て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

稲取港と通称赤堤防とごろた石

この写真をご覧下さい。稲取漁港と通称赤堤防、 ごろた石が納められています。この赤堤防を構成する コンクリートの下の部分は日本でも数少ない工法の 自然石を組み上げて作った貴重な防波堤です。 海の生態系を壊さずに(コンクリートの護岸壁は 元々そのあたりに生息していた生物の生態系を 破壊して微生物やそ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

伊豆稲取の天草は全国でも最高級として取引されています。

この写真をご覧下さい 伊豆稲取の隠れた名産の天草です。その昔、 延宝年間に下田白浜村の藤井某が紀州 [和歌山県]から天草の付いた岩を船で運び 白浜海岸に投げ入れて付近一帯の海岸に 増やした物を稲取街に転殖して次第に 繁殖させた物と伝えられています。 その当時の天草の取引値は稲取町が他の地域に 比べ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊豆稲取の細野高原は広大な山菜狩りの宝庫です。

ワラビやゼンマイは今が旬!! 稲取細野高原は連日山菜狩りを楽しむ地元の人や 稲取温泉にお越しになったお客様が春の味覚を求めて 細野高原に訪れています。細野高原は、細い野原では ありません。初めて訪れた人は、皆一様に、こんな所が 伊豆にあったの??と驚くほど雄大な高原なんです。 是非いちど稲取細野高原にお越し下さい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more