テーマ:グルメ

稲取、美味い物紀行。

稲取美味しい物紀行、第三弾。 稲取、万福亭のスタミナ丼です。 少しピリ辛味噌味が夏にピッタリの 味わいで食欲をそそります。 稲取での夏を満喫出来る温泉。 夜は、宿で美味しい金目鯛、昼は 万福亭のスタミナ丼で稲取の夏休みを 満喫して下さいませ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連休なので稲取美味しい物紀行です。

三連休初日、伊豆にお越しになるお客様も多いという事で 地元のおいしい物をアップします。 ほてい食堂さんの天丼です。 ボリューム満点、濃い味付けが 食欲をそそります。 是非一度食べて見て下さいね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊豆稲取の物日には欠かせない銘菓です。

稲取の物日[祝い日]にはこれです。かしゃばもちです。 付いている名前とことなり小麦まんじゅうなんです。 稲取の各家庭でつくっていて、その家独自の味わいがあります。 市販もされていますので是非ぞうぞ。稲取の花月製菓さんで 扱っていますので稲取に来た時は是非食べて見て下さい。 きっと気に入る事受け合いです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天然物のかんぱちの脂のりです。

金目鯛ばかりではつまらないので鰤になる前のかんぱち 〔この魚は大きさによって呼び名がことなります。〕 神経締めの後に頭をおとした状態です。 この時点では背身〔上部〕の脂のりが腹身に比べていまいちですが 二日ほど寝かせると背身の方にも脂が回っておいしく食べられます。 勿論腹身の方もさらに脂がまわっておいしくなるんですよ。 熟成…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

稲取おいしい物紀行、ご飯もの編

稲取のB級グルメ、いえ定番は肉チャーハンです。 元祖のかっぱ食堂をはじめお店独自の味付けの 肉チャーハンがあります。 これは万福亭の肉チャーハンです。 稲取にきたら金目鯛は、はまべ荘にて、お昼は、稲取が発祥の地 肉チャーハンは如何ですか。色々なお店のを食べ比べてみるのも 一興ですよ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この時期限定、金目鯛の卵〔真子〕です。

はまべ荘は、おいしい稲取金目鯛を稲取漁港で入札浜買いしています。 無論金目鯛の下処理も自分の手で行い鮮度の良い金目鯛に更なる 磨きと選別をしています。 今の時期金目鯛は年間通して一番おいしい時期、産卵期です。 今回はおいしい卵を甘辛に煮付けてみました。 どうです、おいしそうにできているでしょう。 いつもあるわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

稲取漁港の朝

7月4日、稲取漁港の様子です。 土曜日は漁が休みですので湾内 の舟だまりには沢山の漁船が 碇泊しています。 今日は、美味しい稲取金目鯛も 水揚げされないのが残念ですね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こんな伊豆の幸を用いた海鮮料理がヘルシー食、糖尿病食で楽しめます。

稲取産金目鯛こだわりの宿はまべ荘は、伊豆稲取温泉にて地場産の 稲取金目鯛でお客様の食膳を彩る温泉宿として知られています。 その一方でかつて病院勤務の栄養士の勤務経験の実績がある私が 病院勤務時代の知識と経験を踏まえ食事は食治のモットーで糖尿病、 腎臓病の方にも食事を楽しんで頂ける様、塩分、カロリー、蛋白等に 配慮した食事の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊豆稲取おいしい物 紀行

いつも金目鯛の紹介ばかりで恐縮ですので たまには違ったお魚です。 ご覧下さい。 おいしいカンパチのカマ焼きです。 宿では鮮魚は、丸ごと一尾買いですので カマの部位は、二泊目のお客様、自身の 賄いなどで食べています。 味付けはシンプルに粗塩を振って焼きあげるだけ ですが、鮮度がよいのでとってもおいしいですよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

稲取のうまい物です。

稲取といえば金目鯛、でも実はもう一つ あるんです。B級グルメで名を馳せた 肉チャーハンです。かっぱ食堂さんが 元祖ですが長太の肉チャーハンを 今日は、紹介しますね。 凄いガツンと飯なんです。 稲取にお越しの際は是非とも 食べて下さい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

磯の香り、焦がし醤油が食欲を掻き立てる伊勢海老の鬼殻焼き。

伊勢海老、お刺身、ボイルもおいしいですが なんといっても一番のオススメは鬼殻焼きです。 個人的にも一番大好きな伊勢海老の食べ方です。 そのまま食べてもむ良し、七味をふりかけても 更に良しの抜群の美味しさですね。 稲取金目鯛の美味しさを引き出して お客様に喜んで頂く宿ですが、その他の 料理もおいしいですよ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

稲取産金目鯛の姿煮。

ふっくら煮付けるのがプロの技。固く煮付けては 金目鯛のおしいさを引き出せない。 煮汁は毎回作る。継ぎ足しなどは一切しない、 それが稲取金目鯛を煮付けにする際の信条です。 〔継ぎ足しにより余分な脂まで金目鯛に絡ませて しまう、煮付ける金目鯛そのものの脂ではない為に 金目鯛が持つ個々の味がぼけてしまうので煮汁…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

稲取産金目鯛と塩素添加を一切しない生の温泉をお客様に喜んで頂いています。

小旅館において、ありのままにお客さんに接し、 地元ならではの食材を存分に活かす。 唯一の売りである 塩素の匂いがない、毎日換水する 常に新湯が溢れる源泉掛け流しの湯船の清らかさを 自慢できる位の必要最低限の宿です。 地場食材と源泉掛け流し温泉には宿屋を 営む者として守るべきこだわりがある。 伊豆稲取での宿泊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊豆稲取に来たなら稲取キンメと肉チャーハンを是非食べてください。

伊豆稲取の名物料理というかこれは絶対食べなきゃもぐりですと 云われる。おいしい金目鯛と肉チャーハン。 おいしい稲取金目鯛を食べられる宿はなかなかありませんが はまべ荘なら稲取漁港にて入札浜買いをしているので 鮮度が良い金目鯛をお客様に食べて頂く事ができます。 こんな感じの金目鯛です。 鮮度と金…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今だけの珍味、金目鯛の真子

はまべ荘だからお客様に お出し出来る、おいしい 稲取産金目鯛を競り場にて 浜買いする特権なんです。 金目鯛の真子の煮物、 濃い目の味つけが美味 なんです。 有るとき限定の逸品ですので 運次第ですのであしからず。 創業37年、稲取金目鯛が おいしい宿、旅館はまべ荘。 http://www.izu-hamabe.jp/
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

稲取地金目鯛、伊勢海老解禁満喫プラン。稲取の海を召し上がれ。!! 

はまべ荘の目の前、伊豆稲取漁港では、 深夜から明け方にかけて回収した刺し網 から伊勢海老を丁寧に外す漁師さんで 漁港周辺は賑わっています。 伊豆の稲取沖、地物伊勢海老刺し網漁が盛んです。 解禁された地伊勢は、プリプリの食感と、独自の甘み が引き立つ逸品なんです。 伊豆稲取の伊勢海老解禁、旬の地付き伊勢海老 〔20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あなたが伊豆稲取で食べた金目鯛、本当の稲取産,地金目鯛ですか。?

先日ご宿泊を頂きました、お客様との会話のひとコマ。 今まで伊豆稲取の旅館、ホテルに数多く泊まったのですが どこで地金目と言われ出される金目鯛を食べても、おいしくない。 帰りに稲取漁協の直売で買った金目鯛を自宅で調理すると 本当に脂乗りが良くおいしくて、また稲取に泊まろうと足を 運ぶのですが、宿で出される金目鯛は直売所で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はまべ荘が、お客様に提供する稲取地金目鯛は、ここが一般の旅館,ホテルとは異なります。

金目鯛のおいしい季節になりましたね。 源泉掛け流し温泉と稲取産の金目鯛にこだわる 温泉宿、旅館はまべ荘。金目鯛へのこだわり。 伊豆稲取港 競り場で直接買い求め,宿の調理場にて 鰓を取り、腸を抜き、こけらを引いた後、腸の状態を見て、 お刺身用、しゃぶしゃぶ、姿煮付け用、煮付け用と細かく 捌いています。 この様に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これが正真正銘。伊豆稲取産の金目鯛 煮付けです。

先日の夕食時、お客様の食膳に華を添える為に 調理場からの出番を待つ、稲取の地金目鯛です。 伊豆稲取産の金目鯛は丸々プックリと太っています。 脂乗りも良く、お客様にとっては至福の逸品ですね。 今宵もお客様の満面の笑顔がこぼれます。 金目鯛のお造りは稲取産を使う宿もありますが 煮付けまで稲取産の地金目を使…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おいしい稲取産金目鯛に出会うなら、稲取地金目がおいしい温泉宿はまべ荘へ。

はまべ荘は、稲取金目鯛だけに、ひと筋三十年。 伊豆稲取港にて水揚げ正真正銘の稲取金目だけを 1977年の創業から現在までおいしいと言われる 自信とこだわりをお客様にご提供しています。 はまべ荘の〔コンプライアンス〕〔社会的規範や企業倫理 (モラル)を守る事〕では稲取港で水揚げの金目鯛を使った 金目鯛料理が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

極上品、美味いと唸る。金目鯛の味噌漬け(稲取金目を使用)

稲取の金目鯛も旬を迎え 脂乗りも増してきました。 今日ご紹介するのはその稲取金目を 使った正真正銘の稲取金目の味噌漬けです。 ご覧下さい。 はまべ荘オリジナルの味噌漬け絶品です。 当館では宿泊頂いたお客様のみへの販売 とさせて頂いています。 その訳は、稲取金目鯛を最高の状態で召し上がって頂きたい。 稲取…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊豆稲取、伊勢えび漁が解禁しました。

お客様、おまたせ致しました。 伊豆稲取沖沿岸で伊勢海老漁 が解禁し捕獲が始まりました。 プリプリの食感と甘みをお楽しみ下さい。 伊豆稲取漁港もこの期間は鮮やかな コントラストの色彩につつまれます。 紅色、オレンジ等、刺し網にもカラーがあり 本当に海岸線のブルーとマッチして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これからが旬、お客様が太鼓判を押す稲取金目鯛のしゃぶしゃぶです。

先日、伊豆稲取漁港競り場にて手に入れた 大金目鯛(大きさにより名称が違う、二キロ超えは、特大です。) 夏場の時期にしては丸々としてとてもおいしそうでしょ。 これはもちろん、しゃぶしゃぶ用に求めた金目鯛です。 イメージはこちら この位の大きさなら脂乗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日は伊豆稲取漁港でメジマグロ(1メートル弱、十二キロ)を入札にて競り落とす。

最近、稲取の沖ではメジマグロがよくとれるんです。 GWのお客様にご提供する為、これを競りました。 十二キロ弱のメジマグロ。別名で黒いダイヤとも 言われるクロマグロの若魚です。 美味しそうじゃありませんか。浜から持ち帰ると ちょうどお客様がご来館。宿の前で撮影したひとコマ。 なかなかのメジマグロです…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

稲取金目と呼ばれる地金目鯛[キンメ]についての定義とは、

お客様にご質問いただく地金目の定義についてですが、 おいしいと呼ばれる稲取金目は、どの漁場で捕獲された 金目鯛を表すのですか。?、 下田でも地キンメがあると聞きました、稲取の地キンメと どう違うのといったご質問を良く頂戴します。 神奈川水産総合研究所がまとめた文献を参照します。 金目鯛も産地によって美味しいさが違…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

稲取では珍しい地金目鯛の塩焼きです。

金目鯛は鮮度が命です。 水揚げ後しばらく、日数の経過した金目鯛は 下処理をしっかり行わないと生臭くなります。 私も苦手な匂いです。 この金目鯛の塩焼きは、刺身と一緒で 味付けは粗塩のみですので、鮮度の良い 物でないと、本当に美味しくないんです。 扱う金目鯛に自信があるから提供出来る逸品です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お客様に、ご提供する金目鯛 (正真正銘の稲取金目鯛)

昨日、稲取港にて、明日以降のお客様に存分に 地金目を食して頂くために浜買いをいたしました。 ご覧下さい。この鮮度と色つやを、、、 左側より850グラム前後.950グラム前後.1キログラム超えの稲取地金目です。 どれが水揚げしてから一番鮮度が良いかお分かりになりますか。? 大部分のお客様は、上の二匹だよ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老舗の南蛮菓子は美味ですね。

先日、お土産にお客様より 頂戴した、福砂屋のカステラ。 俗にいう長崎カステラですね。 福砂屋は創業寛永元年(1624年)で この製法は、他の南蛮菓子と共に ポルトガル人から伝えられたと 言われています。 しっとりとした口当たりはこのカステラのみの触感です。 カステラの底にあるザラメのシャリッとした独自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これが噂の稲取金目鯛のクォリティ

稲取では金目鯛の事をギンデェという人が多いです。 私の宿に宿泊されたお客様より、なんでギンデェなのですか。? 金目鯛って真赤なお魚ですよ。不思議な呼び方を稲取では してるんですね。といった声を多くの方に頂戴します。 百聞は一見に如かず。ご覧下さい。 これは稲取の漁師さんが稲取港に帰港後に セリ場に持ち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

稲取金目

大海原が育む絶え間ない営み、深海に生息する多様な生物が 織り成す自然の恵みが地金目〔稲取金目鯛〕の美味さに更なる 磨きをかけています。 伊豆半島の先、日本を取巻く幾重もの海溝や 海底火山跡、大陸棚が美味さの秘密の鍵。 稲取近海で捕獲される金目鯛は,絶妙な旨みと 魚体の脂が醸し出す芳醇さが特徴です。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more